お役立ちコラム

Column

膝だいじ(変形性膝関節症)

今日も暑い日が続きますね浜田です🍏

スポーツ障害や加齢による膝の劣化は著しく痛みや可動域制限により困難な日常生活が余儀なくされます。今回は変形性膝関節の構造や予防についてお話します。

 

 

◎膝の構造(軟骨)

膝には二つの軟骨が存在します。

関節軟骨(硝子軟骨)と半月板(繊維軟骨)があり関節軟骨では膝の屈伸、屈曲に作用し、半月板は荷重による膝の衝撃を吸収する役目が備わっています。

 

◎膝の構造(関節)

膝の予防で重要な役目となる関節が大腿脛骨関節と膝蓋大腿関節です。

大腿脛骨関節では屈伸の運動範囲、膝蓋大腿関節は脚の筋肉(四頭筋)の力を下腿に伝達する役目があります。

 

 

 

 

 

受傷機転(原因)

加齢、肥満、正座、膝の冷え、脚の筋肉減退により関節がすり減り痛みが生じます。

形態学的ではO脚(内反膝)が原因となります。

 

 

症状

変形した膝関節のため大腿脛骨関節や膝蓋大腿関節の力が働かず可動域が乏しく屈伸や歩行が困難となります。また関節軟骨が減少し、痛みを自覚します。

 

 

診断

膝関節の内側を圧痛し痛みや制限の確認をする。

変形関節をx線、軟骨をMRIで診断しましょう。

 

 

予防、治療

関節軟骨は氷以下の摩擦係数もち一度損傷すると自然治癒は期待できません。

ヒアルロン酸注射や鎮痛薬などで負担を減らしましょう。

 

■手術では脛骨骨切り術を行いO脚(内反)からX脚(外反)へ変換する方法があります。

 

■理学療法では四頭筋(太もも全面)の強化や、歩行時に骨盤を支えるお尻(中殿筋)のトレーニングも大切です。関節の可動域訓練も忘れずに。

 

 

 

 

まとめ

膝は他の部位で障害を負った時に併発しやすい場所です。

(前十字靭帯断裂や半月板損傷など)

一度目の治療やリハビリを完璧にこなすことで新たな問題を未然に防ぐことができますね(^^)/