お役立ちコラム

Column

肝臓に良い食べ物⑨キャベツ

こんにちは浜田です🍏

今回はキャベツの効能についてお話しします。

・肝臓編
良質な植物性たんぱく質、ビタミンC、カルシウムなどが多く含まれています。

また、ビタミンUという硫黄分を含んだアミノ酸が含まれており、

肝臓のアルコールの分解を助けたり、脂肪肝を防ぐ効果があります。

キャベツは水溶性の野菜なので、丸ごと摂れるスープなどの調理法がオススメです。

・その他編

キャベツには、食物繊維やビタミンU、ビタミンCなどの栄養素が豊富に含まれています。

ビタミンUは、キャベツから発見されたビタミン様成分で、ビタミンUは、胃酸の分泌を抑え、

胃や腸の粘膜を健康に保つ働きがあるため、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防や改善に効果が期待されています。