お役立ちコラム

Column

肝臓に良い食べ物⑩牛乳

こんにちは浜田です🍏

今日は牛乳の効能についてお話しします。

・肝臓編

たんぱく質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミンがバランスよく含まれています。

中でも、牛乳のたんぱく質は肝臓に必要なアミノ酸が全て含まれているため、肝臓の強化にはうってつけです。

肝臓を強化するためには、毎日200ml以上の牛乳を飲むことをオススメします。

・高血圧編

牛乳はカルシウム、カリウムなどのミネラルを豊富に含む食品でこれらの成分が、血管を健康に保ち、体内の塩分を排出させることで、血圧を下げる効果をもたらしています。

カルシウムは、骨を作るだけではなく、血管や細胞の免疫力を守る働きがあるため、血管の健康維持には欠かせない成分です。

カリウムには、ナトリウムを体外へ排泄し、摂りすぎた塩分を調節する作用がある。

また、カリウム不足は脳卒中のリスクを高める事もわかっているます。

カルシウムとカリウムを多く含む牛乳は、高血圧の予防に効果的な食品として勧められていて安価で手軽なため、毎日の食事にぜひ取り入れたいものですね。