お役立ちコラム

Column

肺を強化するヨガの呼吸

こんにちは!ASUTOREです。

 

今回は「肺」を強化する方法について。

 

肺の機能を強化するには、腹式呼吸を身につける以外にありません。

 

腹式呼吸とは、横隔膜を上下に動かして行う呼吸です。

つまり、深い呼吸のこと。

ASUTOREのヨガでお伝えしているハタヨガは、基本的に腹式呼吸です。

 

私たちは普段、無意識に「呼吸」をしていますが、

生きていれば誰にでも出来るこの「呼吸」にも個々で能力の差があります。

あまりにも自然に呼吸をしているので、この呼吸の能力についても意識をすることはありませんが

意識をして呼吸の仕方をマスターしていない限り、現代人は浅い呼吸(胸式呼吸)をしていることがほとんどです。

 

深い呼吸である腹式呼吸が肺を強化するには必要ですが、

腹式呼吸はそう簡単で出来るものではありません。

 

ASUTOREのヨガでは腹式呼吸をマスターできる身体作りのために、呼吸法に合わせて多種多様なポーズを行なっていただきます。

実はヨガのポーズを行う目的の一つは、腹式呼吸をできるようにするためでもあります。

ポーズに合わせて呼吸をするだけでは深い呼吸のできる身体は作れません。

ハタヨガの呼吸法である「止息」を組み込んだ呼吸に合わせて、

多種多様なポーズを行いながら多方向に体を動かしていくことが重要になります。

 

これを繰り返すことで、自然と横隔膜の筋肉の質が高まり、深い腹式呼吸ができるようになるのです。

すなわち、肺の強化につながるということです。

 

横隔膜はその人の筋肉の標準とされています。

横隔膜の筋肉の質が、その人の筋肉の質を表すことになりますから

深い呼吸である腹式呼吸ができるようになるということは、肺の強化だけでなく全身の筋肉の質を高めることにもなるのです。

 

胸式呼吸よりも酸素を多く取り入れることのできる腹式呼吸は代謝も上がるので、

脂肪の付きづらい身体作りができることや、副交感神経にも刺激をするのでリラックス効果もあります。

横隔膜を上下させることで内臓のマッサージにもなり、内臓脂肪にも効果があり、腹式呼吸をマスターすることは良いことづくめです。

 

「呼吸の質」というのはどんな年代からでも向上できます。

ASUTOREのヨガは、年齢も性別も柔軟性も関係ありません。

全ての方に行なっていただけますので、ぜひ一度お試しください^ ^

 

自分で戦える身体を、自分で作りましょう!